不眠症でも薬は飲まない!

不眠症でも薬は飲まない!

 

今から8年くらい前に不眠症になりました。
当時、昼は派遣で事務の仕事をしていましたが、給料が安くて生活費だけでいっぱいいっぱいになってしまい、他に何も買えないという状況だったので
小遣い稼ぎに夜は近所のスナックで働きました。
スナックといっても田舎の小さなスナックなので銀座のような華々しいところではありません。
働いている子は大学生が多かったです。
知り合いの知り合いがバイトに来て…と言うように、私と先輩1人除いてはみんな二十歳前半の若い子達ばかりが働いていました。
その中で30代ということもあり「娘くらいの年のこと飲めない」とか「若い子苦手」などのお客様につく事が多かった気がします。

 

私はもともと根が真面目というか完璧主義というか、仕事に対してバイトだろうが何だろうが気を抜けないところが有ります。
そして少し心配性で小心者で、小さなことでもずーっと気になったり、根に持ったりします。
ましてや初めてのスナックという経験のない職場で、周りの子たちよりも年を取っているせいもあり、昼の事務の仕事より気を使って働いていました。
お酒は飲めないのでほとんどジュースで席についていましたが、しらふのせいもあり酔っているお客の相手はとにかくこたえました。
うちの両親はお酒は飲めません。
周りの友達もお酒を飲んでもたしなむ程度です。
そんな環境で育った私が酔っぱらいの相手は本当にしんどかったです。

 

お店は20時~1時まで。
片付け作業を入れるとお店を出るのは2時になりました。
そこから家に帰るので毎日2時半くらいの帰宅です。
家に帰ってシャワーを浴びて寝て6時に起きて昼の仕事に行く準備をするという毎日を繰り返して半年位から不眠症になりました。

 

最初は気持ちが高ぶって寝れないんだと思っていましたが、体も心も疲れていてそのままベッドに倒れるように入っても寝られない。
こんなに疲れているのにどうしても寝られない。
寝たいのに寝られないが続きました。
昼間の仕事中も頭が回らないというか、みんなでランチに行っても口が回らないというか話についていくのもやっとになっていました。
安眠の薬を飲むとそれがないと寝られなくなるという事を聞いたので絶対に飲みませんでした。
とにかく眠れないというのはこんなに辛いものかと本当に参りました。

 

夜の仕事も週半分に減らしましたがそれでも寝られません。
だんだん痩せていきました。
どんなに夜遅い時間に好きなだけ食べてもどんどん痩せてしまいました。
それから2ヶ月くらいで生理が止まってしまったのでさすがに危機感を感じて夜の仕事を辞めました。
辞めてからもすぐに寝れるようになりませんでした。
なるべく規則正しい生活をするようにしてやっと半年位で前のように寝られるようになりました。
本当に辛かったですし、不眠症の恐ろしさも身にしみました。
二度と不眠症にはなりたくないです。